9 am to 6 pm

Monday to Friday

OFFICE

SHIBUYA TOKYO

比較リスト

BUKATSU管理人

はじめまして久保田潤と※You Tubeでは舘潤 と申します。現在は部活評論家と名乗ったり、スポーツ教育コンサルタント、フィンランド教育専門家(タンペレ応用科学大学公認eラーニングアドバイザー、フィンランド大使館ビジネスフィンランド公認教育アドバイザー)などいろいろやっております。

本サイトは私一人ですべて制作、管理、運営しております。スマホ対応もしてますがサイトの内容やデザインも使用感もかなり使いづらい点も多いかと思います。その辺はご愛嬌でお願いいたします。

本サイトは簡単に言うと全国の中学、高等学校、大学の運動部(スポーツ系の部活動)のまとめた検索サイトになります。実際は運動部にそこまでこだわりはありませんが、運動部の方々がツイッター上で面白い投稿をしていて単に応援したくなり、一挙にまとめた地図サイトがあったらいいなと思ったのがきっかけで思いつきで作りました。進学した学校にどんな運動部の部活があるか、現役の部員がどんな雰囲気かなどわかるようなサイトになればと思います。

現在は駆け出しプログラミング(Unity)も少し。※堀江貴文さんのYou Tubeホリエモンチャンネルでたまたま見たプログラミング合宿スパルタキャンプUnity編でおよそ30倍の確率でなぜか15名枠に当選し一ヶ月間岩手県八幡平市で合宿しプログラミングunityを習ったのがきっかけです。

VR AR MRなどITで健康、運動部、スポーツ業界を盛り上げ、より良く教育界を織り上げようと日々頑張っています。観たい世界はスピルバーグ監督のレディ・プレイヤー 1 の世界です。

私のスポーツ歴をうっとうしいほど長いですがご紹介致します。笑

愛知県立名古屋南高校(全国高校総体インターハイ陸上競技400mで出場自己ベスト48秒9)→一般受験で東海大学体育学部入学。卒業後、アジア最大のスポーツ研究施設の東海大学スポーツ医科学研究所トレーニングセンタートレーナーとして勤務し、体育会のフィジカルトレーニング、プロアスリートにも指導しトレーニングの基礎を3年ほど学びました。なので東海大大学スポーツ医科学研究所では多くの先生、研究者、施設が当時アジア最大のトレーニング設備だったので、日本のみならず世界を舞台にしているトップアスリートやトレーナーにも数多くお会いする機会がありとても有意義な時間でした。

今年盛り上がったラグビーワールドカップですがその快進撃の立役者の前日本代表の名コーチである(イングラントヘッドコーチ)エディジョーンズさんも実は私が在籍した時代に初来日し、東海大学でラグビー部を指導してらっしゃいました。ご本人は私を覚えているかわからないですがwなので少し面識もあります。エディがこんなに世の中にというか全世界に世界の名コーチになるとは当時は思いもよりませんでした。エディさんは当時も元教員、奥さんも日本人で確か小学校教員というのを聞いていたので、スパルタなトレーニングをされていましたが勝利至上主義というよりは人材を育成する人、教育者的思考、人格者だと感じてました。人間とはそもそもどういう生き物か、主な考えに人間性を育てることを深く考え理解しているんだと思います。更に日本人の気質、文化的背景や習慣などもとても熟知しているとも感じました。

東海大学のスポーツ医科学研究所を退職後、明治学院高校、東海大学附属望星、調理師学校、ファッション専門学校で教鞭をする。その傍らご縁もあり、教師と兼業でモデル事務所大手のオスカープロモーションモデル部に約10年間所属。学校に支障の無いように社長やマネージャーに協力してもらい仕事をしておりました。渡仏したこともありフランスのファッション誌にも少し出たことがあります。学校の夏休みや冬休み、休日だけファッション雑誌やショー、CMなどに出演していました。その傍ら専門であるアウトドアやスポーツ雑誌にもモデルと同時に企画やライターとしても携わりました。

教員退職後、実家の商社勤務。10年ほど経営サイドに携わった後、ご縁あってIT企業の株式会社アイレップ(現博報堂DYグループ)に入社。クリエイティブの部署に配属され、企画制作やSNSのマーケティングやインフルエンサーマーケティングなどに携わりました。IT業界は頭の良い若い人が多くとても楽しくお仕事をさせていただきました。今でも同僚にはとても感謝しており、未だに親しかった同僚とはとても仲が良いです。実績としてはインフルエンサーマーケティングを私が企画主催して司会進行し、ゲストスピーカーを迎え社内や地方の部署合わせ100人ほど集客したこともあります。

2020年東京オリンピックの前に直感で、令和元年から【 IT ☓ 健康・教育・スポーツ】を実践していく為、もともと起業を考えていたので思い切って独立しました。現在はフリーランスでWEBディレクターやキャスティング、スポーツコンサルタントも請け負っています。皆さんご存知の通り世界的パンデミックになり延期になりましたが、、、

さて私の部活歴といえば、小学校時代はサッカー部キャプテンで名古屋市3位、名古屋選抜にも選ばれ、陸上部キャプテンで県大会も優勝したり、野球部所属でセンター及びピッチャーで5番レギュラー。6年生の時に三人の教師と部員に直談判し、異例の3つの部活に所属し(かなり一部の友人にも非難も浴びたので、多分そんな小学生は全国にいないと思いますがw)部活大好き少年。相当目立つタイプで、いわゆる優等生でもなくちょっと気が強いガキ大将だったと思います。その後、中学一年になると大病を患い一年間体育の授業ももちろん大好きな部活も一切禁止されドクターストップ。体力が低下し登下校も歩いていけないほどになりました。健康診断で栄養失調と診断されたくらいです。

その一年は思春期の自分にとって地獄で、もう死ぬのではないかと思って落ちこんだりしました。今思い出すと僕の人生観や人格はその時形成されたんだと思います。弱い人を助け、予定調和が嫌い、思いついたら即行動してしまう性格となります。

治療後回復し、中2の秋から陸上部に本格的に入部。いきなり県内一位、まさかの全国ジュニア五輪大会で3位。自由に練習したいと思い10校ほど高校から特待や推薦の話はいただきました。楽しくがモットーだったので結局は普通の公立高校進学を選択しマイペースに部活をやることに。

高校3年時は陸上競技400mでインターハイに出場することができました。マイペースにやっていたので、インターハイにいけたのは多分走る才能と勝負強さと運があったんだと思います。

私自身は部活は常に楽しくやっていたので限界までトレーニングを追い込んだことはありません。高校の陸上部の顧問の先生もとても優しく、穏やかで、決して怒らない先生でした。卒業後もたまに会ったり、今でも感謝しております。

スポーツや運動は中高時代の心身の発達時期にやらないと土台つくりができず、またその土台がないと大人になってからはいろいらな運動は楽しめる幅が狭まります。ゴルフのスコアが伸び悩むのはほぼ幼少期の経験だといえます。試行錯誤やチェレンジ精神、責任感、勇気と自信をつけるのは中高時代の運動部、スポーツ系部活がてっとり早いと僕は考えます。今所属している部活に合わなければ違う部活に転部したり、民間のクラブチームでやるのももちろん選択肢としてはたくさんあるので、気楽に考えてください。

本サイトは私の古い友人、知人たちであるスポーツにかかわる現役の関西や関東の大学教授、一流フィジカルトレーナー、元Jリーガー選手、研究者、高校教員や教育関係者などにもご協力をいただき監修をしていただいております。より教育的でスポーツを愛する者が楽しめる安心なサイトになっております。

 

学生さん、学校関係者、部活の顧問やコーチ、保護者の方なども安心してサイトをご利用ください。友人らにもお願いして、ブログなどで各スポーツの基礎トレーニング法や最新トレーニング情報など有益な本物の内容をアップしていく予定でいます。

 

ざっと思いを適当に荒く書きましたがお許しください。ではでは! 

 

 

並び替え:

申し訳ありませんが見つかりました結果


PAGE TOP